2012年08月05日

傘の修理を業者に依頼したが・・

先日、傘の修理を業者に依頼し、傘が戻ってきたが、出来栄えが悪すぎて、びっくりしています。

修理した傘は、ルルギネスの長傘で仕入れたときから不良でした。
イギリスのフルトンに、すぐ言えば、不良分を返金してもらえたのですが、こちらの検品が
遅くて、ダメでしたので修理ということにしました。

修理といっても部品があればすぐ直りそうな感じでした。

今回、事業所を渋谷区初台に移動したので、その付近に傘修理屋さんがあったので、お願いしてみました。
傘を2本持参して、お願いしたら、時間がかかると言われ、「8月になったら電話でかならず修理状況を
確認してくれ」と何度も言われ、良い感じがしませんでした。

しかし、7月末にお店から電話があり直ったとのこと。料金は、2本で1400円。
すぐ、出かけてとりに行って来ました。
その場で、修理した場所をみたのですが、素人以下の出来栄えにびっくりしました。
どんな部品をつけたのか見たら、釘を1センチぐらいにカットしたものが、瞬間接着剤でつけられて
いました。これで1400円は高いです!

やり直しと思いましたが、そのお店ではできないでしょうから、1400円をお支払いして帰りました。
そのお店は、「アンブレラマスター」もいるとホームページに書かれていますが。。
(感じも良くないので、もう行きません)

結局、自分で修理した方がいいことになったしだいです。

今まで、他店に依頼したところで良かったところは、送料はかかるのですが、
千葉県にあるショップで、修理前に修理方法を連絡してくれる所があったので、
大掛かりな修理はそこへ依頼しようかと思ってします。

今回のものは、自分で対応することにしまして、現在修理中です。今日、完成予定です。

その傘は、未使用品ですが、修理品ですから、訳ありで販売予定です。
posted by シャチヨウ at 09:39| 東京 ☀| Comment(0) | 修理 | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

配送拠点が変更になりました

8月より、すべての通販業務を自社対応に変更しました。
渋谷区初台に事業所を設けたので、そちらで配送することにしました。
倉庫による出荷代行は、結果的に失敗してしまいました。
倉庫配送を考えている方の参考として、下記にコメントしておきます。
【メリット】
1.倉庫なので在庫の置き場所を考えることがなくなる
2.代行出荷で他の作業ができる
3.発送単価が安い (当店は、全国一律525円、沖縄除く)
【デメリット】
1.倉庫まで在庫を運ばなければならない。宅配便であれば宅配の料金がかかし、
メーカー直送であれば、検品が倉庫まかせなので、どこまで検品してくれるか不明。
衣類以外の輸入品には向かないような気がする。
2.当然在庫が増えれば保管費用は増える。
3.他人任せなので、誤配送がふえる。倉庫が間違える場合がほとんどである。
バーコードでも、最終的に梱包するのは「人」であるので、担当者が
一人しかいない、親方倉庫はNGである。
4.バーコード管理を謳っている倉庫でも、本当にバーコードか不明
(契約前に倉庫へ見学など申し込んで、実態をさぐる必要がある)
5.倉庫契約の見積りで不明点は徹底的に確認すること。
初期費用は、絶対かかると思われるので見積りに入っていなかったら
確認すべし。
6.初期費用の確認をすること
倉庫システム(PCで受発注管理)費用
スタート時の在庫搬入費用
倉庫での保管用のラックは、どちらが買うか
契約終了時の費用
7.代行出荷なら梱包資材(プチプチ、テープ、クッションペーパー、宅配バッグ)を
どちらが買うかなど、マニュアル化されていない会社と契約してはいけない。
8.今までの実績はどのくらいあるか証明できるものを提示してもらうこと。

などです。
要するに、口頭説明しかないところとは契約してはいけません。

このデメリットで挙げた部分が、今回の自社配送に切り替えた理由になります。
posted by シャチヨウ at 10:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする